日焼け Sun burn

日焼け

日焼けとは、皮膚表面の火傷(やけど)です。

皮膚科学では別名「日光皮膚炎」とも呼びます。
強い紫外線を浴びることで、皮膚の表面が赤くなり、水疱(水ぶくれ)を形成する場合もあります。

 

原因

日焼けの原因は紫外線によるものです。
紫外線種類は3種類あります。


・紫外線A波(UVA)
・紫外線B波(UVB)
・紫外線C波(UVC)


この中で、日焼けの原因となるものは、紫外線A波と紫外線B波です。特に、紫外線B波により、日焼けは引き起こされます。紫外線C波はオゾン層を通過する際に大気によって取り除かれます。

日焼けの症状は、皮膚が赤く炎症を起こす急性症状をサンバーン(sunburn)と、メラニン色素が皮膚表面に沈着するサンタン(sun tanning)があります。

サンバーン

強い紫外線を浴びて2〜6時間すると、徐々に皮膚が赤く炎症を起こします。
その後、痛みの症状も出ます。これは強い紫外線=紫外線B波(UVB)によって起こるものです。

サンバーンの仕組み

人間の皮膚は紫外線B波を浴びると、表皮の角化細胞でつくられた活性酸素によって、血管を拡張する作用をもつ物質が作られます。その物質が真皮に作用して血管を広げることにより、血量が増え、炎症が起こるのです。

サンタン

強い紫外線を浴びてから3〜8日後に皮膚が浅黒く変色します。
その後、新しい皮膚が生成され、古い皮膚は剥がれ落ちていきます。

 

症状

日焼けは、肌が傷ついている状態です。

皮膚は火傷により赤くなり、皮膚の水分量低下により乾燥、表皮の細胞が壊死します、
その後、新しい皮膚が作られ古い皮膚は剥がれ落ちていきます。

日焼けダメージのレベル分類

日焼けには皮膚のダメージにより大きく3つのレベルに分類されます。

日焼けレベルⅠ度

ほとんどの方の日焼けはこの「Ⅰ度」です。

日焼けした肌がヒリヒリして、赤くなります。早い人は数日から1、2週間ほどで症状は落ち着いてきます。軽度の日焼けレベルですが、肌が傷ついている状態は一緒なので、すぐ冷水で冷やし、しっかり保湿ケアを行いましょう。

日焼けレベルⅡ度

皮膚に水疱(水ぶくれ)ができます。ダメージが浅いものであれば色素沈着を起こします。

ダメージが深いものだと傷跡が残ってしまいます。皮膚がとても弱っているため、水疱は絶対に潰さずに早めに皮膚科を受診してください。

日焼けレベルⅢ度

日焼けの強いダメージにより、日焼けレベルⅡ度の症状が更に悪化している状態です。

ヒリヒリがじっとしていられない痛みに変わります。更に、発熱を伴います。

※日焼けレベルⅡ度、Ⅲ度の方は早めの皮膚科の受診を心がけましょう。

 

治療

簡単に日焼けと言っても、皮膚表面の火傷です。

日焼けの症状が見られる際は、適切な処置を行い、早めに皮膚科を受診することが大切です。

赤みがある場合はステロイド外用剤を塗り、炎症を抑えます。炎症後は色素沈着を起こしやすいため「ビタミンC、ビタミンE、トランサミン」を服用して、肌のターンオーバーを促しましょう。

日焼けをした際の対処法

① すぐに冷やす

皮膚科の受診を仰ぐ必要がありますが、日焼けしたあとの対処としては、まずすぐに冷水で冷やすことです。その後、皮膚科を受診しましょう。

② しっかり保湿をする

肌は火傷により乾燥していますので、しっかり保湿をしましょう。保湿をすることで、肌のターンオーバーが促され新しい皮膚の生成も促進してくれます。保湿の際は刺激の少ないクリームやローションを使用しましょう

③ 皮が剥けたら触らない

皮が剥けた状態の皮膚はとても敏感になっています。自己判断で皮を剥くことは避けましょう。無理に剥がしてしまうと、炎症を起こしやすいです。また、新たに紫外線を浴びることで、シミの原因に繋がるので気を付けましょう。

 

予防

日焼けの原因の紫外線を浴びないようにすることが大切です。
紫外線を防止する「日焼け帽子グッズ」を上手に利用しましょう。

・日傘
・帽子
・サングラス
・カーディガン
・ストール
・アームカバー

また、日焼け止めを常日頃塗るようにして肌を紫外線から守りましょう。

 

日焼けに効果的な食べ物

日焼けに効果的な栄養素はビタミンCです。

日焼けをしすぎないようにビタミンCを意識して摂取すると良いでしょう。風邪予防に効果的な栄養素のビタミンCですが、この栄養素はメラニンの生成を制御してくれるだけでなく、メラニンを薄くする効果があります。その他にも、ビタミンAやリコピンも意識して摂取すると良いでしょう。

- ビタミンCが多く含まれる食べ物 -

・レモン
・ピーマン
・ブロッコリー
・粉末抹茶

- ビタミンAが多く含まれる食べ物 -

・うなぎ
・レバー
・にんじん
・柿
・かぼちゃ
・ブロッコリー

- リコピンが多く含まれる食べ物 -

・トマト
・スイカ
・グレープフルーツ

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.