脂漏性皮膚炎 Seborrheic dermatitis

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは別名、脂漏性湿疹という湿疹のひとつです。

皮脂腺が多く皮脂の分泌の多い頭部や顔面にフケの付着物を伴う皮膚疾患です。
乳児や成人に多発しています。顔面では特に皮脂分泌の多い鼻の周りなどに発症します。
その他では、耳の後ろや、摩擦の多いわきの下や太ももの付け根などにも発症します。

 

原因

脂漏性皮膚炎の原因は乳児と成人では異なります。

乳児の場合

乳児は皮脂の分泌が盛んにも関わらず、毛穴が未発達です。
そのため、分泌された皮脂が毛穴に詰まることが原因とされています。

成人の場合

成人の原因はたくさんありますが、代表的なのは、皮脂の過剰分泌によるものです。

人間は皮膚に普段から存在する菌がたくさんいます。その菌を常在菌と呼びます。常在菌のひとつマラセチアという真菌(カビ)は皮脂や汗の多い環境を好みます。このマラセチアは、皮脂が多い環境下で異常増殖すると、肌の炎症を引き起こします。

皮脂の分泌が多い成人男性の方が、発症率が高いと思われがちですが、成人女性はホルモンバランスの乱れにより発症する場合もあります。

その他の原因

・ストレスや疲労
・生活習慣の乱れ
・ビタミンBの不足
・正しくない洗髪や洗顔方法
・皮膚の乾燥

アトピー性皮膚炎の方は、脂漏性皮膚炎を併用することがあります。

皮膚が乾燥していても、脂漏性皮膚炎は発症します。
乾燥した肌は外部からの刺激を受けやすく、症状を悪化させてしまう原因にもなります。
必ず自己判断は避けて、早めに皮膚科の受診をしましょう。

 

症状

脂漏性皮膚炎は皮膚が荒れてカサカサし、赤みがでます。
また、皮膚の表面がベラベラと剥がれ落ちる場合もあります。

頭部に発症すると、ベラベラ剥がれ落ちた皮膚をフケと勘違いしてしまう方も少なくないです。
治療をせずに、そのまま放置してしまうと皮脂が酸化され加齢臭の様な匂いを放ちます。

さらに進行が進むと、頭皮に瘡蓋(かさぶた)のようなものが目立つようになり、かゆみや痛みが生じる場合があります。また、炎症が悪化してしまうと抜け毛の要因になってしまう方もいます。

乳児は新生児から生後3か月くらいまでの期間に発症しやすく、成人では思春期以降に多く発症します。乳児は自然治癒することが多いですが、成人では慢性化するケースが多いです。

 

治療

脂漏性皮膚炎の最初に行う治療方法は、皮膚炎の炎症を抑えることです。
そして、原因となる常在菌のマラセチアの増殖を抑える治療を行います。

まず炎症を抑えるために、一般的にステロイド剤を使用します。このステロイド(副腎皮質ホルモン剤)は炎症を抑える作用がありますが、根本的な治療にはなりません。ステロイドだけの治療をすると、炎症は抑えられても、薬を塗るのを止めてしまうと、脂漏性皮膚炎が再発してしまいます。

炎症を抑えることができたら、次に常在菌のマラセチアを撃退します。その際に使用されるのが、一般的に抗真菌剤というものです。常在菌のマラセチアを撃退すれば、脂漏性皮膚炎の再発率を大きく下げることができます。

 

改善方法

脂漏性皮膚炎は誰にでも発症する可能性がある病気です。

頭皮の場合、フケと勘違いしてしまい、なかなか病院へ行こうと考えません。脂漏性皮膚炎は、慢性化しやすい皮膚疾患のため、気になったときは、早めに皮膚科に行き診てもうことが大切です。

- 日常でできるケア -

・正しい洗髪、洗顔をする(強く洗いすぎない)
・自分にあったシャンプーを使用する
・ビタミンを摂取
・帽子など被り紫外線を避ける
・しっかり睡眠をとる
・ストレスを溜めない

 

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.