かぶれ Rash

かぶれ

かぶれとは、肌湿疹のひとつで、
外部からの何らかの刺激により皮膚に炎症や発疹が見られることを言います。

正式名称は、接触性皮膚炎と呼びます。

 

原因

かぶれの原因は、何らかの刺激を外部から受け、皮膚が体を守ろうとする防御反応によるものです。
その際に、皮膚表面に痒みや赤みを生じます。

皮膚の刺激に耐えられる許容範囲をオーバーした場合に発症し、接触した部分にだけ見られます。

日常生活で起こりうる原因

1. 接触によって起こる場合

刺激や毒性のあるものに接触して起こる場合があります。
肌に刺激が強い物質や薬品が接触した際に起こり、誰でもかぶれる可能性があります。

薬品の場合

酸やアルカリなどの化学物質が含まれる洗剤やヘアワックスなど

毒性の強いもの

けむしや昆虫などの毒など

2. アレルギーによって起こる場合

特定の物質に触れたときに、過剰に反応する人だけにみられる症状です。
代表的なものを挙げると、金属アレルギーがあります。

金属アレルギーとは、金属のものを身につけると痒みや赤みがみられる症状のことを言います。
金属は、汗などの体液に触れると溶け出す性質があります。
それがイオン化して体のタンパク質と結びつくと、痒みや赤みが生じます。

3. 排泄物や衣類の刺激によるかぶれ

おむつの素材や、おむつに付着した汚物、
洋服にすすぎ残した洗剤などによって起こるかぶれです。
この症状は赤ちゃんに多くみられます。

赤ちゃんの肌はとても弱く外部の刺激を受けやすいので注意が必要です。

 

症状

かぶれの主な症状は、なんらかの物質が皮膚に触れ、
それが刺激物となりアレルギー反応として皮膚表面に痒みを伴うことです。

かぶれの種類は2つに分類することができます。

1. 接触性皮膚炎

接触性皮膚炎とは、外部からの刺激が肌に直接触れることで、
触れた部分のみに赤いブツブツや皮膚の盛り上がり、水ぶくれといった症状が現れる皮膚炎です。

悪化すると痒みや痛みを感じる場合もあります。

2.アレルギー皮膚炎

アレルギー皮膚炎の主な原因はさまざまですが、
植物や金属などの原因物質に繰り返し接触することにより、かぶれの症状がおきます。

他にも、化粧品やハウスダスト、花粉なども例として挙げられます。

 

治療

治療方法は、病院での治療が適切で安心です。
かぶれの症状が出た場合は、早めに皮膚科を受診しましょう。

病院での治療方法は様々ですが、いくつか紹介します。

1. 原因物質の排除

最初に行われるのが、かぶれの原因の解明です。
病院での問診で、発症したときに感じた刺激を調べ、今後その原因物質は触れないように心掛けます。

2. パッチテスト

パッチテストでは、かぶれの原因と疑われる物質を少し肌に塗って反応をみる検査を行います。
この検査を行うことで原因は何か、解明することが可能です。

3. 薬物療法です。

皮膚の炎症やかゆみを抑える内服薬が処方されます。
ステロイド外用剤や抗ヒスタミン薬などが多くあります。

ご使用の際は、医師の指示に従いましょう。

日常生活で気をつけること

痒みを悪化させる原因として、ストレスや睡眠不足、アルコールなどが挙げられます。
そのような原因元を完全になくすことは難しいですが、
少しでも工夫ができると改善がより期待できるでしょう。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.