ほくろ Mole

ほくろ

ほくろ(黒子)とは、一箇所に集中的にメラニン色素が増殖することで起きる良性の皮膚病変です。

医学用語で「色素性母斑(しきそせいぼはん )」「母斑細胞母斑(しきそさいぼうぼはん)」と呼ばれています。

 

原因

ほくろができる原因のほとんどは紫外線が大きく関わっています。

紫外線を浴びることで、肌は刺激を受けます。
そして、皮膚は肌を守るために、肌の中の色素細胞であるメラノサイトの活動が活発になります。
するとメラニン色素を生成してしまいほくろができます。

ほくろのできる原因は、紫外線以外にも下記内容が考えられます。

紫外線意外の原因

・ストレス
・ホルモンの影響
・外的刺激
・摩擦
・傷によるもの

 

症状

ほくろは基本的に濃い黒色です。また、肌色のほくろもあります。

ほくろの形態は、平坦なものや球状のものなど形はさまざまで、一般的な丸い形をしていないこともあります。ほくろの輪郭がぎざぎざした形をしている場合は、ほくろ以外の皮膚疾患の可能性があります。

- 危険性があるほくろの特徴 -

・こげ茶色、または茶色のもの
・大きさや形が変化しているもの
・形がアメーバーのように、いびつで丸くないもの
・大きさが直径1cm以上のもの

ほくろは一般的に皮膚疾患の中では良性疾患です。

急激に増大することはありませんが、徐々に大きくなります。急激に大きくなっていくほくろの場合は、皮膚悪性腫瘍の疑いがあるため、早めに病院へ診断しに行くことを心がけましょう。

癌化するほくろに注意!

ほくろの細胞は癌化することがあります。
通常の皮膚悪性腫瘍でも診断が遅れる場合があるため、注意が必要です。

皮膚悪性腫瘍の一つである悪性黒色腫が、ほくろの中に発生する場合があります。悪性黒色腫とほくろはどちらも色が黒いため、悪性黒色腫の早期発見が大変難しいです。気がつくことができず、かなり進行してしまってから病院を受診される方も少なくありません。 

ほとんどのほくろはまったく害のない良性の皮膚病変なので、必要以上に不安を感じなくて大丈夫です。しかし、どのほくろにも病気の可能性があることを知っておくことは大切です。

普段からほくろの大きさや形は注意して観察するように心がけましょう。もし、形の急激な変化や不自然な出血などが見られた場合は、すぐに皮膚科を受診して医師による診断を受けましょう。

 

治療

一度できてしまったほくろは専門の皮膚科や形成外科や美容外科クリニックで除去することが一般的です。ほくろ除去治療においては、さまざまな治療方法があります。

治療方法

切除縫合法

切除縫合法はほくろ除去治療の中でも一番基本的な手術方法です。メスを使用してほくろを切除し、その後縫合して抜糸します。通常では、ほくろの3倍程度の長径の木の葉型に切除し、線状に縫合します。また、皮膚のゆとりがない場合や、ほくろが大きい場合は皮弁術などを用います。

レーザー治療

黒い色に反応するレーザーでほくろの細胞を破壊します。また、水分に反応するレーザーで電気メスのように削る治療もあります。レーザー治療はさまざまな種類があります。

・炭酸ガスレーザー
・Qスイッチレーザー
・ロングパルスレーザー

くり抜き法

医療用のパンチのような特殊な道具やメスを使用してほくろを円形にくり抜ききます。その後、くり抜いた周囲を巾着状に縫い縮める方法です。ほくろの大きさが約5~6mm以内のものを対象とします。皮膚の修復力が高い顔のほくろの除去に多く選ばれています。

 

予防

ほくろを作らないためには、いくつかの予防対策があります。

- ほくろの予防対策 -

・紫外線から肌を守る
・規則正しい生活習慣を送り新陳代謝をあげる
・適度な運動を心がける
・ビタミンやミネラルが豊富な野菜や果物を積極的に摂取する

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.