巻き爪 Ingrown nail

巻き爪

巻き爪とは、爪の端が内側に巻き込まれて肉に食い込んだ状態のことを言います。

その際に、炎症を起こし痛みを伴うことがあり、
靴を履くことや爪を切ることが困難になる場合があります。

 

原因

巻き爪の原因はさまざまな理由がありますが、主に5つに分類されています。

 

1. 爪の切り方に問題がある場合

爪の切り方は、小さい頃からそれぞれの家庭によって異なります。

間違った爪の切り方をしてしまうと、爪の丸まっていく性質があるため肉に食い込んでいってしまいます。

2. 靴の形が合っていない場合

自分の足にフィットした靴を履いていないと、巻き爪の原因に繋がることがあります。

女性の場合、つま先の幅が狭いハイヒールやパンプスを履くと、足の指が圧迫されて巻き爪を生じます。男性の場合は、革靴などのサイズが合っていない靴を履くことにより、巻き爪になりやすくなります。

3. 運動やスポーツをやっている場合

競技にもよりますが、つま先に力が加わり負担のかかる運動やスポーツをしている方は、注意が必要です。

4. 遺伝による場合

一言に遺伝と言っても巻き爪自体が遺伝するという訳ではなく、巻き爪の形になりやすくなるということです。両親のどちらかが巻き爪の場合にその子供が巻き爪になる確率が高くなると言われています。

5. 加齢による場合

爪は、加齢とともに厚くなり、爪全体の水分量が減少してしまいます。

水分量が減少して乾燥してしまい、爪が縮みます。縮む際に、生え変わりで出てきた柔らかい部分も一緒に巻き込まれていくことがあります。

 

症状

巻き爪は、自分自身が気になっていても巻き爪とは意識しない場合が多くあります。
痛みや爪の形が気になったときが初期症状と呼ばれます。

爪は、そもそも少し丸みを帯びていますがほぼ平らに近い状態なので少しでも気になった時に、巻き爪と言えるでしょう。酷くなると正常な姿勢での歩行が困難になる場合もありますので、痛みが出てきた時は早期治療や予防が必要です。

 

治療

治療法はさまざまありあますが、ここでは病院での治療について説明します。
巻き爪の症状が見られた場合は、皮膚科での受診が必要になります。

病院によっては、皮膚科や形成外科などの場合もあります。
専門医が常勤している病院もあるため、不安な方は専門医の診察をおすすめします。

病院での治療方法

治療法は、保険内・保険外で異なります。

保険内治療

保険内治療で主流なのは、フェノール法というものが挙げられます。

これは巻き込んでしまっている爪を部分的に取り除き、取り除いた部分から爪が生えてこないようにする治療です。 この治療により、爪の横幅が狭くなり巻き爪を回避することが可能です。

保険外治療

保険外治療で主流なのは、爪の矯正を行う方法です。

ワイヤーなどで爪が巻かれていかないように矯正していきます。 この治療は、定期的な通院が必要になり、保険外治療なので治療費が高額になるケースが多くあります。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.