とびひ Impetigo

とびひ

とびひとは、細菌に感染して起こる皮膚の感染症のことを言います。
正式名称は伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と呼びます。

外部からの何らかの刺激により皮膚に水ぶくれができ、水ぶくれの汁が他の場所についてしまい、全身に広がっていくことです。 このことから火の粉が飛び火することに似ているため「とびひ」と呼ばれています。

 

原因

とびひの主な原因は、細菌感染です。
細菌に感染する原因菌は、2種類あります。

とびひの種類

水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)

0~6歳の乳幼児に多い症状であり、主に夏場に発生します。

原因菌は黄色ブドウ球菌で、この菌が擦り傷や肌を掻きむしった患部から入り込んできて増殖すると、透明な膿の水ぶくれができます。 すると痒みが出てきて患部を掻いてしまい、水ぶくれが破れて汁が周囲に飛び火し、体中に症状が広がってしまうケースが多くあります。

痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)

大人は主に、痂皮性膿痂疹を発症することが多いと言われています。
発症する季節は関係なく、年中発症する可能性があるのが特徴です。

傷口や肌の乾燥などで肌のバリア機能が低下しているところに菌が入り込んできて、菌が増殖します。
すると肌が赤く腫れ、かさぶたができて体中へと広がっていく症状です。 悪化した場合、痛みを伴うこともあります。

 

症状

水疱性膿痂疹

まず小さい水ぶくれができ、膿をもつようになります。
この水ぶくれは簡単に破けて、肌がただれ、周囲が赤く炎症を起こします。
その際に痒みを伴い、掻きむしることにより水ぶくれの汁や膿が患部周辺へと広がります。
のちにかさぶたになり、治癒へと向かいます。

痂皮性膿痂疹

水疱性膿痂疹との違いは、水ぶくれができないことです。
症状としては、皮膚表面の赤い腫れから膿を持ち、その後かさぶたになります。
痛みを伴うことも多く、発熱する場合もあるのが特徴です。
まれに、合併症として腎臓などに影響を及ぼすケースもあるので注意が必要です。

 

治療法

治療方法には、2種類あります。

医師による診断

1つ目は、医師による診断です。

とびひの症状が疑われる場合には、皮膚科を早期受診することが最適だと言えるでしょう。 症状が悪化し体中に広がってしまう前に、医師の適切な診断を受けることにより、症状を最小限に抑えることが可能です。

医師の診断でも2種類の治療法があります。

1. 薬による治療

原因の病原菌を体内から死滅させるために、抗生物質などが処方されます。
それぞれの症状の種類により、処方される薬もさまざまです。

2. 点滴による治療

重症の場合は、点滴により薬を投与するケースもあります。
原因菌に対して効果が期待できる抗菌薬を用います。

 

セルフケア

2つ目は、セルフケアです。

とびひにかかってしまった際の、セルフケアでの注意点をご紹介します。

① 掻きむしらないこと

とびひは、痒みが強く無意識のうちに触ってしまうことも多くあります。
菌に触れた手で他の部分に触れると、体中感染してしまいます。
衣類による擦れで、痒みを伴う場合もあるため、擦れない工夫をしましょう。
万が一、掻きむしってしまった場合は、すぐに手を洗いましょう。

② お湯には浸からないこと

患部を清潔に保ち、菌を洗い流すことが大切です。
体を洗う際は、刺激の弱いボディーソープを使用し、よく泡立ててから擦らず優しく洗い、シャワーでよく流しましょう。
入浴に関しては、医師と相談して下さい。

③ タオルを使いまわさない

とびひは、他人への感染力がとても強い疾患ですので、家族内で同じタオルを使いまわすことはやめましょう。
免疫力の弱い小さなお子様がいるご家庭では、使ったタオルや衣類は分けて洗濯し、日光消毒などをするとより効果的です。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.