帯状疱疹 Herpes zoster

帯状疱疹

帯状疱疹とは、体にぴりぴりと肌を刺すような痛みと赤い斑点、水ぶくれができます。
過去に水ぼうそうにかかった経験のある人は、誰でも帯状疱疹になる可能性があります。

 

原因

帯状疱疹の原因となるウイルスのことを、水痘・帯状疱疹ウイルスと言います。
初めてこのウイルスによる疾患にかかった場合は、水ぼうそうと呼ばれます。

水ぼうそうにかかった経験のある人の体内に、ウイルスは一生住みついてしまいます。

日々のストレスや過労により、免疫力が低下すると潜伏していたウイルスが活発に動きだし、神経を伝わって皮膚に到達し、帯状疱疹として発症します。すなわち、帯状疱疹にかかる人は、水ぼうそうの経験がある人しかありえないのです。

 

症状

体のどちらか一方の神経に沿って症状が現れることが特徴です。
ぴりぴりと肌を刺すような痛みと赤い斑点、水ぶくれができます。
そのとき、軽い発熱やリンパ節腫脹、頭痛などの全身症状がみられる事もあります。

水ぶくれになってからは1週間程度でかさぶたになり、症状がおさまるまでは1ヶ月程度かかると言われています。

- 帯状疱疹にかかったときの注意点 -

毎年このような症状が出る人は、帯状疱疹ではなく、違う病気の可能性もあるので注意が必要です。また、ヘルペスとも症状が似ているので、医師の診断を受けることが必要かもしれません。

 

治療

病院での治療

帯状疱疹の治療法は、主にお薬での治療になります。
皮膚科で処方されるいくつかお薬の紹介をしたいと思います。

抗ウイルス剤

帯状疱疹は、水痘・帯状疱疹ウイルスというウイルスが原因で発症するので、そのウイルスの増加を防ぎ、炎症を抑えるためにこの抗ウイルス剤が処方されます。

抗炎症薬

ウイルスが増えたことにより、痛みが出る場合があります。
その痛みを軽減する為に処方されます。

抗生物質

水ぶくれができると細菌による感染をおこしやすいので、感染を防ぐために処方されます。

 

予防

お薬の他にも自分で行うセルフケアも重要になってきます。
帯状疱疹の予防に効果的な方法をいくつかご紹介します。

セルフケア

・体を温める

患部を温めることで、痛みが和らぐことがあります。
お風呂に浸かることも症状の緩和に繋がるとともに、血行がよくなりリラックス効果が期待できます。

・患部を清潔に

患部が炎症をおこしている場合は、入浴は控えてシャワーだけにしましょう。
患部を刺激しすぎないように、優しく丁寧に洗いましょう。

・ストレスをためない

帯状疱疹の原因は、ストレスや過労なども影響してきます。
無理をしすぎないことが治療への近道に繋がるでしょう。

感染対策について

帯状疱疹は、空気感染しません。
また、他人に帯状疱疹としてうつすことはありません。

まれに白血病患者やエイズ患者など免疫力が低下している者は、
経皮感染する可能性があるので感染予防がとても大切なことだと言えるでしょう。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.