あせも Heat rash

あせも

あせもとは、「汗疹」「汗貯留症候群」と呼ばれています。

あせもは、汗が出る通り道の汗管がつまってしまい、
汗が汗管の外に漏れ出してかゆみや皮膚の炎症が起こる病気です。

 

原因

あせもは、大量に汗をかいたときに、汗が皮膚の中に溜まってしまうことが原因です。

汗が分泌される汗線は皮膚の奥深くにあり、汗管を通って皮膚の表面にある汗孔と呼ばれる汗の出口に繋がっています。この汗官が閉塞してしまうことにより、汗の流出が妨げられ、皮膚の下にある汗管の周りの組織に漏れ出します。その際に、(水泡)水ぶくれや炎症を起こして、かゆみや赤いブツブツしたものが皮膚の表面に生じます。

発症しやすい理由

一般的に、大人より乳幼児に発症しやすい傾向があります。
その理由としては2つあります。

1. 皮膚のバリア機能がまだ十分に発達していない
2. 汗線が関係している

実は、大人と乳幼児の汗線の数は、ほぼ同じです。しかし乳幼児の場合は、小さな体に汗線が密集しているため、大人より汗管が閉塞されやすいのです。手首や首回りなど深いシワがあると、汗がより溜まりやすく汗官がつまりやすくなります。

 

症状

あせもの種類は、水泡ができる部位によって3つに分類されます。

紅色汗疹(こうしょくかんしん)

あせもの中で、一番多い症状のひとつです。小さな赤いブツブツができて、かゆみを生じます。

水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)

1mm〜3mmの大きさの白っぽい水ぶくれが皮膚の表面にできます。また、水ぶくれの色味が透明の場合もあります。このあせもは、赤みやかゆみは生じません。紅色汗疹より症状が軽く、皮膚の浅い部分に汗が溜まるため、自覚症状が出にくく、気がつかない場合も多いです。

深在性(しんざいせい)

熱帯地方などに多く、極端な高温環境に長くおかれる時に発症しやすい汗疹です。身体中の広い範囲に平たい発疹ができます。赤みもあまりなく、かゆみもほとんどありません。日本ではあまり発症しない種類です。

症状がよく現れる箇所

・頭
・額
・首
・肘の内側
・脚の付け根やお尻
・膝の裏側など汗が乾きにくい部分

大人よりも多量の汗をかく子供に注意が必要です。

また、赤ちゃんの場合はオムツが蒸れてあせもの原因にもなります。かゆみがあると、
日常気をつけている方も、寝ている間に無意識に掻きむしっているいる可能性があります。

 

 

治療

あせもは、正しいスキンケアと適量な保湿が大切になります。

クリニックでは、その症状によって、炎症を抑える塗り薬による治療を行います。

紅色汗疹の治療

正しいスキンケアと併用して、症状の悪化を抑えるために、かゆみ止めの薬や皮膚をケアするローション、ステロイド外用薬を数日間塗布し、様子をみます。

水晶様汗疹

ほとんどの場合、正しいスキンケアと適量の保湿を行なうと、2~3日で治まります。

 

予防

あせもの予防には、発汗の必要性をできるだけ少なくする事が大切です。

・汗をかいたらこまめに拭き取る
・エアコンや除湿機を使い、部屋の室温や湿度に調節する
・汗をかいたら衣類や下着を清潔なものに着替える
・熱いお風呂は避けてぬるめのお風呂にする
・乳幼児の場合、オムツをこまめに取り替える
・木綿等の通気性の良い衣類を身につける

 

汗をかいたらシャワーでこまめに流して、清潔を保つこともとても大切です。

また、自分で洗えない乳幼児の場合は、首筋や後頭部、肘、膝などの汗の溜まりやすいところを忘れずにしっかり大人が洗い流してあげましょう。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.