水虫 Athlete foot

水虫

水虫とは、カビによる疾患の一種で、感染力の高い皮膚病です。

原因となるカビは、一般的に白癬菌(はくせんきん)と呼ばれています。

 

原因

水虫は、人間の皮膚の角質層の内部に原因菌の白癬菌が寄生することが原因で起こる皮膚の病気です。

白癬菌は感染力の高いカビの一種なので、日常生活の中の至る所で感染している可能性があります。
原因菌が皮膚に残ってしまっていた場合、菌がそこで繁殖してしまい、水虫に感染してしまいます。

共有のスリッパやじゅうたんなど、素足で触れる場合が多くありますが、きちんとお風呂で原因菌を洗い流せていれば繁殖する可能性は低いと言われています。

 

症状

水虫の症状で最も多いのが、足の指の間にできるタイプで、薬指と小指の間に出来る例が多くあります。 他にも、足の裏や淵、指の付け根、かかとにも症状が見られることがあります。

 

水虫は、3種類に分類することができます。

趾間型(しかんがた)

趾間型は、水虫の症状の中でも最も多い症状です。

足の指の間の皮が剥がれたり、赤く腫れることもあります。
痒みが強いのも特徴で、じゅくじゅくしている場合が多いです。

小水疱型(しょうすいほうがた)

指の裏や指先に小さい水ぶくれができるタイプです。
毛の生えないところに発症し、小さな水ぶくれが集まり、痒みを伴います。

水ぶくれの汁の中には、
白癬菌は存在しないので破れてしまって汁に触ってしまっても感染の恐れはありません。

角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)

角質増殖型とは、水ぶくれも痒みも伴わないので、水虫の中で判断が極めて難しいケースです。

足の裏全体の角質が硬くなり、ガサガサしてひび割れを起こしたりします。
そのガサガサの皮が剥けて、他の人の肌に接触した場合は感染の可能性が極めて高くなります。
ご家庭内での様な症状が疑われる方が居る場合は、注意が必要です。

 

治療法

水虫などの皮膚疾患の場合、自分で誤った判断をしてしまう場合が多くあります。
皮膚科に水虫の治療で訪れた人の、約40%の方は水虫以外の疾患であると診断されたそうです。
この結果を見ると早めの段階で医師の診断を受けることが大切だと考えられます。

病院での処置

検査

まず、現在の症状が何なのかの検査を行います。

専門家であっても問診と肉眼のみで水虫と判断するのは厳しく、確実な診断をするために、多くの病院では顕微鏡検査を行っています。
菌が寄生しているとみられる部分の皮膚の一部を取り、専用の薬材を垂らし皮膚の成分を溶かします。
10分程度で検査結果が出るので広く普及しています。

治療

治療の初期段階では、菌を殺すための塗り薬の処方から始まることが多いです。
水虫の症状が進行してしまっている場合は、飲み薬を処方されることもあります。

完治するために

いずれの場合も、完治までは3~6ヶ月程の期間が必要となりますが、だいたいの方は1ヶ月で症状の改善が見られる為、通院をやめてしまいます。 再発してしまうと治療が振り出しに戻ってしまうため、今までの努力をムダにしないよう、完治するまで通院することをおすすめします。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.