脱毛症 Alopecia

脱毛症

脱毛症とは、主に過去に生えていた箇所の毛髪が生えなくなった状態のことをいいます。

また、抜けてしまった状態のことも意味します。
脱毛症は一般的には禿げ(はげ)と言われています。

 

原因

脱毛症には、さまざまな種類があり、症状とそれに従う原因があります。

自己判断をするのではなく、専門の医師の診断の元、早めの治療をすることで、
脱毛症の症状も軽度で済ませることができます。

脱毛症の原因は以下の内容が考えられます。

 

男性ホルモン

ヒゲや胸毛などの体毛の成長を促進する男性ホルモン(テストステロン)。

しかし、この男性ホルモンは頭髪の成長を止めてしまう作用があります。その仕組みは、毛根の毛母細胞でジヒドロテストステロンに変わり毛根細胞を収縮さることで、髪の毛の成長が止まります。そして、髪の毛が抜け落ちていきます。

ストレス

ストレスはあらゆる病気に悪影響を及ぼします。

薄毛の原因にもこのストレスは深い関係があります。ストレスを感じることにより、自律神経やホルモンのバランスが乱れます。この乱れが血流を悪化させ、毛根に栄養分を十分に運ぶことができなくなり、髪の毛の成長を止めてしまいます。

遺伝

薄毛と遺伝要素は大きく関係しています。

この遺伝要素で薄毛に悩んでいる方も少なくありません。しかし、最近では手入れ次第で薄毛の進行を食い止められるようになってきています。また、親や親戚に薄毛の方がいない方でも、不摂生をしていると薄毛になることもあります。

食事や生活週間

髪の毛の健康のためには十分な栄養を送ることが大切です。

日々の生活で、食事栄養素の偏りや、睡眠不足などが続くと頭皮の栄養状態が悪くなり、髪の毛の成長が悪くなります。また、タバコのニコチンは血流を悪くさせるため薄毛の大敵になります。

 

症状

薄毛や抜け毛の症状はさまざまなものがあり、その種類は大きく5つに分けられています。

薄毛の症状

AGA(男性型脱毛症)

頭部全体ではなく、頭頂部と額の生えぎわから薄毛症状がでます。

このAGAは、男性に起こるもので、男性ホルモンが原因とされています。主に30~40代から症状が目立ってきます。男性の10人に1人の割合で発症します。

壮年性脱毛症(そうねんせいだつもうしょう)

前頂部と頭頂部の髪の毛が薄毛になるのが壮年生脱毛症です。

成人男性に多く見られる脱毛症です。ヘアサイクルの成長期が短くなることにより、硬毛が軟毛化します。額の左右、上部から薄くなり、アルファベットの「M」のような形に見えます。この壮年生脱毛症は日本人より、欧米人の方に多く見られる症状です。

抜け毛の症状

円形脱毛症(えんけいだつもうしょう)

円形脱毛症になると、突然髪の毛が円形や不整形に抜けてしまいます。

性別や年齢も関係なく、誰にでも発症する可能性がある脱毛症です。ストレスが原因だと以前まで言われてきましたが、最近では自己免疫機能と大きく関係しているとされています。

抜毛症(ばつもうしょう)

正常に生えている髪の毛を、自分で抜いてしまうのが抜毛症です。

髪の毛の一部を指でつまみ、引き抜くことで不規則な形をした脱毛箇所ができます。学童期の子供に多い一種の癖が原因で、精神的なストレスが引き金になることが多いです。

脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)

誰にでも存在する常在菌の一種、マラセチア菌が増殖することで皮膚に炎症が起き、フケやかゆみの症状がでます。髪の毛の毛穴にまで波及することで、毛穴が毛根を保持できなくなり、脱毛症を引き起こす原因につながります。

 

治療

脱毛症を完全に改善する方法は現代の医学では見つかっていません。
脱毛症の治療には病院で行う治療と自宅で行う対処方法があります。

病院で受ける治療方法

・服薬治療

血行を促進する薬、免疫力を抑える薬、内服のステロイド剤などを処方します。

・ドライアイス

ドライアイスや液体窒素を用いて、脱毛箇所を冷やして刺激を与える治療です。

・塗り薬

ステロイド剤の塗り薬を処方します。

・局所免疫療法

意図的に皮膚をかぶれさせ、自身の免疫機能を利用して発毛を促進させます。

・紫外線

紫外線を脱毛箇所に当てることにより、刺激を与えます。その刺激によって発毛を促進させます。

 

予防

自宅で行う対処法や予防法をご紹介します。

育毛剤や発毛剤を使用する

基本的には、育毛剤や発毛剤を使用することで、脱毛症を予防します。ただ、この育毛剤は誰にでも効果が実感できるわけではなく、専門の知識をもった医師のカウンセリングのもと、自分にあった育毛剤を使用することが大切です。

食事

栄養不足や栄養の偏り薄毛、脱毛症の引き金になります。栄養バランスをしっかり整えるために、自身の足りない栄養素を把握し、意識的に摂取しましょう。

睡眠

睡眠不足や、就寝時間が遅かったりすることで、成長ホルモンの分泌が低下します。そうすると脱毛症・薄毛の原因になりやすくなります。寝ている間に分泌される成長ホルモンは、髪の毛の発育を促します。しっかり睡眠を規則正しくとることが大切です。

正しい洗髪

髪の毛は1日から2日に1度洗い、シャンプーやリンスなどが頭皮に残らないようにしっかり洗い流しましょう。また、熱いお湯での洗髪は頭皮を乾燥させます。熱くても40度程度のお湯にしましょう。

ストレスを溜めない

適度な運動や生活習慣を整えて、ストレスを溜めないように心がけましょう。現代人の脱毛症対策にとても有効な手段です。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.